スクラッチプレーヤー論(雨中のゴルフラウンドの心得2選!)



 Q:ご質問です。雨の日のラウンドがものすごく苦手です・・スタート前から気分が落ち込んでいますが、どうすれば良いでしょうか。何か対処法はあるでしょうか?

考え方には二通りある

A:そうですね。これははっきり言いましてみんな嫌ですw。多分、好きな方は本当に少数だと思います。要は誰もが嫌だと思う状況なんですから、ここでどう考えるかです。

雨が降ったらしめたと思え! 

この言葉は私が大学時代に、ゴルフ部の先輩の自宅に泊まりに行った時、お風呂の湯船の壁に貼ってあったお父様(先輩のお父様はリアル星一徹みたいな方でした💦)直筆の雨中ゴルフ心得でしたw

そう、まさしく誰もが嫌だと思う状況下(雨、難しい、冬なら寒い等)で、もし自分がその出場選手の中で一番前向きに(粘って、耐えて、我慢できれば)プレー出来れば、他のプレーヤーはほとんどの方がテンション下がっているのですから、絶好のチャンスというわけです!

ピンチはチャンス❗️

いかにポジティブに考えるか次第で、他の選手より精神的に優位に立てるという考え方です。

また、これも顧客様のお言葉なんですが、「今日も雨で嫌ですね」という言葉に「嫌、農作物達や草木達には恵みの日です。雨のお陰様で私達の食料が供給されているんですから」と🙇‍♀️

これも素晴らしい考え方だと思います🙇‍♀️

そのお父様の有難い文面を読んで以来、私は雨の日が結構得意になり、優勝した試合でも悪天候は何試合かありましたね🤗

強風の日と比べれば、雨は断然簡単である。

私は今まで、長年ゴルフ競技に出場してきていますが、その中でも一番難しい状況下は風が回る日(吹き込む方向が一定せず、目まぐるしく変わる)、それに強風が加わると🥲が出そうになりますw

それに比べれば雨の日は、グリーンも止まりますし、豪雨(水浸し)でなければ風の日より断然プレーしやすいんです🤗

雨の日のプレーは誰もがテンションが下がる気持ちはわかりますが、プレーする条件はみんな一緒です!

勿論、自分の所だけ雨が降っているわけではありません。(もし降っていたら、ゴルフの神様が自分を鍛えてくれていると喜ぶw)

まずは、考え方一つでみんなより優位に立てるようにすることだと感じます。



雨の日こそ、スイングの形よりもリズム、タイミングを重視すべき!

また、プレー的には雨は誰でも濡れたくありませんよね😰

雨が強い時にはレインウェアか、傘を差しながらでのプレーになりますが、この(濡れたくない)という気持ちが厄介で、一刻も早く打って傘の下やカート(車)に乗りたいと無意識に思ってしまいがちです・・

その結果、スイングが早くなりがちになり、普段のリズム、タイミングで打てなくなる傾向があります。

この対処法は、雨の日ほど(濡れたくない)という気持ちを抑えて、自分のいつものリズム、タイミングを心掛けることが一番大切だと思います!

雨の日に強くなるには普段の練習からここを!

ある程度、ゴルフのスイングが決まってくると(例外 初心者や初めて間もない方)、普段から自分ベストと思われる、リズムとタイミングの確認を練習場で行ってください。私の場合は一切ボールの行方は練習場では気にしていません。

しかしながら、多くの方はボールの行方ばかりを気にしている方々が多いと思います。

勿論、ボールを打つ練習場ですから行方は気になるとは思いますが、リズムとタイミングを考えながら練習することが、いざ、コースに行った時に大切なことだということは頭の中に入れておいてください。

また、濡れたくない心理の中には、グリップや手袋を濡らしたくない気持ちも働くからです。

グリップが濡れると滑ってクラブが飛んでいきそうですし、初心者ではそういうことが頭を過る方もいるかと思います。



そこでグローブは替えを用意し(3ホール毎に交換すると6枚程度)、グリップも拭けるように新品のタオルを数枚程度、キャディバックに用意しておいてください。

雨中のお薦めのギア紹介❗️

スリクソン全天候モデルグローブ!

雨のラウンドは、グリップに水滴が付き、ホールド力が勝敗を分けます!

昨年は、豪雨の試合😰にて、6ホールに1枚ペースで回り切れたのは、このグローブのお陰です!(ハーフ1枚でも可能でしたが、枚数持っていたので)

このグローブは薄手ながら、超微細繊維で構成された生地により、フィット感と抜群のグリップ力は私の一押しです🤗🤗

是非、お試ししてみてください🙇‍♀️

ズブ濡れになっても、他の方よりも良いスコアで上がれば、お風呂で優越感に浸れますしw、乾いた服に着替えればいいわけですから、自分の間合いを変えないことが雨中での攻略法だと思ってください。

まとめ

1、雨が降ったらしめたと思え!雨の日こそ、ポジティブに何事も考える。

2、雨は風よりも簡単である!

3、雨中はリズムとタイミングを一番考える!

4、備えあれば憂なし(備品を準備する)

ご参考になれば幸いで御座います🙇‍♀️

皆様方からのご質問、ご疑問、お悩み等、様々なジャンルでもお答えいたしますので、広トレホームページお問い合わせフォームよりお送りくださいませ🤗お待ちしております!