健康一覧

シニア層こそ、トレーニング指導者が必要な理由とは!



 顧客様より、将来的に姿勢の乱れを防ぐための、気をつけるポイントを教えてほしいと言うご質問をお受けしましたので、今回はそのテーマでお話ししたいと思います。

まずは、シニア層になったら歩け、歩けというということは、何らかの形で聞いたことがあると思います。

勿論、歩くことは運動の基本です。

人は下半身に大部分の筋肉が存在するのですから、その筋群を使うことは非常に有効です。

歩けば、ふくらはぎなどの活動により全身の血流も促進されますので、日常生活でも歩行運動は是非取り入れて貰いたいことです。

しかし、歩くだけでは全身の筋肉をすべて使うことは出来ません。

上半身や体幹部にも姿勢を保ち、大切な頭部を支えることや肩回りなど、不調が現れやすい箇所も存在するわけですから、それらの筋肉にも適切な負荷を加えることは欠かせません。

特にシニア層になってくると、伸ばす(伸張)動作を意識的に取り入れるべきです。

この理由としては、筋肉というのは使わないと萎縮(縮む)する傾向にあります。

また、疲労してくるとこれもまた、筋肉が萎縮することが分かっています。

シニアになって、お仕事などをリタイアすると益々筋肉を使う頻度が下がるので、この傾向は顕著に見受けられます。

つまり、背中や肩が曲がって見えるのは、重力に本来なら対抗出来る筋群が、筋肉の衰えや萎縮によって、徐々に重力に逆らえず、そんな姿勢になってくるとも言えるのです。

そこで、胸部回り、肩回り、腹部、背筋上部などの筋肉にしっかりと適切な負荷とストレッチを掛けて上げる動作を定期的に行えば、前屈みや猫背等の軽減に繋がることになります。



★シニア層こそ、指導者の重要性とは!

しかしながら、そこの筋群を伸ばしながら、鍛えるって言われても、具体的に分からないと思います。

歳を取ってくると、様々な箇所に衰えなどが現れてきます。その衰えを感じ、また衰える前にジムなどの施設を訪れる方もいらっしゃるかと思いますが、トレーナーとしての率直な意見を言わせて頂くと、シニアこそ適切な指導を受けるべきだと感じます。

シニアになると、ジムに通ってもどうしても、おしゃべりが大半の場合笑と、トレーニングの知識が若い方に比べ、断然疎いという特徴があります。

勿論、おしゃべりや会話が悪いと言っている訳ではありません。頭の刺激にもなりますし、会話は心身の衰えを防ぐ意味でも必要だと思います。

しかしながら、せっかくジムに行っても、その時間が長ければ、身体の衰えを防ぐ筋肉への刺激時間も少なくなりますし、ほとんど会話で帰るパターンもあると思います。

それと、もう一つのトレーニング知識にしても、今の若い方はSNSなどにより、多少の知識を事前に得ることも出来ますし、勉強することも出来るのですが、

シニアの方は、学ぶこともある意味めんどくさい・・今までのやり方を流れ作業のようにこなすだけで見直さない・・また具体的な目標も無いので、只何の疑いも無くこなすだけ・・ってパターンもの凄くあると思います💦

体力が落ちていっているのに、自分に適切な、また必要な筋肉の鍛え方を知らずに、時ばかり過ぎていくのは本当に勿体ないと思います・・



一例を上げましょう。

女性会員様W様は70歳代です。

この方が内に来られた理由は、東京に在住の息子様が、ネットで広島のジムを検索し、その中から私をご指名されて来られたのです🙇‍♀️

「広島市で一人暮らしの母なんですが、お世話になることできますか?」とご連絡頂きました。

勿論、この息子様は内に来たこともなければ、私との面識も全くありませんでした・・

話を聞けば聞くほど、親孝行な息子様です🙇‍♀️

聞けば、お母様は昨年末に大病をされ、体力の低下が著しいので、身体を戻すのにプロのトレーナーの方にしっかりとご指導頂きたいということでした。

実際にお母様は、昔ジムには通っていたけれど指導を受けるわけでも無く、あまり効果を感じることは無かったということでしたが、

息子様は、自分も東京にてトレーニングをしているので、パーソナルトレーニングの重要性を誰よりも理解しておられて、

お母様も定期的に通って来ている現在は、肩から腕の慢性的な痛みも軽減し、ウエスト回りも引き締まりを実感され、息子様共々大変喜んでおられます🙇‍♀️

管理人もゴルフの遠征等では、頻繁に利用させて頂いています!

楽天ポイントが貯まりますので、非常にお得ですね🤗

★シニア層こそ、残りの人生を有意義に過ごすための投資は、お金よりも体力維持に掛けるべき!

私が聞いた、色々な人生の先輩方の共通するご意見は“健康こそ一番!”とよく言われます。

元気があれば何でも出来る!

例え、お金を沢山貯めても、大病してしまえば医療費で飛んでしまいます・・

だとすると、シニア層になるほど健康維持に投資することを考えるべきだと思います。

そのためには、今の自分に最適な運動処方をしっかりと指導して貰うことです。

但し、シニアの方が自分から行動を起こすことは殆ど無いと思います(しんどい、たいぎい、めんどくさい笑)

ですから、このW様のように、常に気に掛けているご家族様が、代わりに動いて上げることが必要なのでは無いでしょうか!



まとめ

★シニア層は歩くことと、上半身もバランス良く刺激することが重要!

歩くだけでは、刺激出来ない筋群に負荷を与えることにより、姿勢を維持したり、全身の血流を促進させる働きもある。

★シニアになると、めんどくさい、見直さない、目標も無い、情報も入らない

だからこそ、シニア層の方は他者の力を借り、効果的に自分の衰えを防ぎ、生き甲斐を見つけ、自分の衰えや機能低下に合った、運動処方を一緒に助けてくれる方の存在が必要だと言うことです。

私自身も若い頃に比べて、自分の興味がある事柄以外のことは、めんどくさくなり笑、ついつい成り行きで行ってしまう経験があります・・

でも、身体のことは非常に大切なことです!

ここはめんどくさがらずに、また、ご本人様の行動が難しい場合には、回りの方々(ご家族様)が後押しすることも大切だと感じています。

ご拝読ありがとうございました🙇‍♀️


ストレスが筋肉に悪影響を与える訳とは!



Q: 股関節に違和感があります。痛みが出る時と出ない時があり、病院に行かないで治す方法は無いかと思い、ネット検索で症状を調べたのですが、情報が沢山あり過ぎて困っています・・ 何を信じていいのか分かりません。このままにしておいても大丈夫でしょうか?

A: ご質問ありがとうございます。結論から申し訳あげますと、早く病院に行って診察してもらってください。

これには理由があります。

自己判断は正しい場合もありますが、間違ったことも多々あります💦

これらをご説明いたします。



ネット検索は参考にしても、信じてはいけない理由

今の時代、ネット検索に(股関節、痛み、時々)とかを入れると、ずらっと病名の説明、関連画像などがアップされています。

そこで、自分の症状と照らし合わせて、自己判断で病名を推測することになるのですが、これが深刻にならない病名なら、安心するかと思いますが、もしこれ?ヤバい😰って、疑われる病名でしたら皆様どう思われますか💦

これは、私にも経験があります😰

自分の身体に少しばかり異変があり、(まあ、大丈夫だろう)という軽い気持ちで、その症状を検索した所、(んっ💦 もしやこれ😓)って、体調が悪くなるくらい悩んだ経験があるのです・・

ブランコで佇む 管理人・・

これって勝手な自己判断です・・😓

それから、病院に行くまでの何日間は本当に生きた心地がしませんでした・・

(仕事と試合が詰まっていて、10日間くらい行けなかった)※それと怖くて行けなかったというのもある😢

でも、ほっておくわけにもいきませんので、一大決心をして病院に行き、診察を受けた医師様の一言

「これね、全く気にすることないよ!」って😮‍💨

この時、このお医者様が神様に見えたのは間違いありません笑

自己判断は過ちじゃぞ・・

しかしながら、自分でネット検索して、勝手に思い込み、診察を受けるまでの期間は食欲は無くなるわ、夜眠れないわ、まあ、本当にげっそりして身体が細くなり、精神的にも、肉体的にもダメージは大きく、筋肉も張りを失った次第でありました😢

そうなんですよ・・

ストレスは、筋肉に一番悪い影響を与えるんです・・

例えば、寝不足、人間関係、仕事上の悩み等のストレスは身体に多大な悪影響を与えます。

身体は、ストレスを受けると“コルチゾール“というストレスホルモンの分泌が起こり、これにより筋肉の分解(カタボリック)する作用が起こることがあります。

また、食欲も減退し、摂取カロリーが減少するとエネルギーを作り出すために、益々筋肉の分解が亢進され、げっそりしてしまいます・・

激やせ・・

私の場合でも、自分で勝手に検索し、自分で勝手に病気になり笑、自分で勝手に身体にダメージを与えたわけです🥵

実に、勿体無いことをいたしました笑

ですから、身体に異変や違和感を感じた時(病気、怪我の疑い)には、自己判断せず、必ず診察に行かれることを強くお薦めいたします。

※私の場合、取り越し苦労で終わりましたが、逆にネット検索で大丈夫と思い込み、診察しなかった場合、後で取り返しのつかない病気だったということもありますので、必ず医療機関に行かれることを強くお薦めいたします🙇‍♀️

★投資をお薦めいたします!

この題目を読まれて、んっ、投資💦ってすぐに資産や金銭のことを思い浮かんだ方も、いらっしゃるかと思いますが、

安心して下さい。違いますよ笑

実は意味違いで、何事も自分の判断だけや思い込みでは無く、専門家の意見を聴くこともストレスを溜めない方法です。

先程のように、自分で自分を勝手に苦しめる行動は、全くナンセンスで、自分一人で悩むよりも、早々に専門家の見解を求めた方が、無駄なストレスを軽減させ、せっかくの筋肉を無くしてしまうことを防ぐことになるのです。

それと、このストレスは、この世の中で生きていく以上、避けて通れない事柄だと思っています。

ですから、何かに没頭出来ること、楽しく出来る趣味、身体を動かすことなど、自分でそれを少しでも、解消出来ることを見つけることも自己投資だと思います!

それにより、安心や結果が手に入れば、例え、お金が掛かったとしても、これは自分が安堵して暮らせることに対する必要な経費という考えが最適なのではないでしょうか!

まとめ

★身体に異変があった場合は、ネット検索よりも素早く診察を!

ネット検索は、不安を煽ったり、または重篤な疾患を見過ごす一因にもなります。症状が出た場合や異変を感じた場合には、自己判断は止めて、速やかに医療機関を受診することを強くお薦めいたします。

★自己投資はお忘れなく!

自分の知らない分野とか、自分だけでの判断や行動だけでは、到底難しいと思う場合には、迷わず専門家の意見や相談を受けることで、無駄なストレスを受けることなく、身体のダメージを最小限に抑えられます。

これも自分に対する投資なのです。

ご拝読ありがとうございました🙇‍♀️




中年男性の方に朗報!お腹周りは考え方一つで激変する!



最近、お風呂に入る時や、そろそろ薄着になると、自分のお腹周りを見て(出てるな(^_^;))と感じる😰中年男性の方もいらっしゃるのではないでしょうか!?

勿論、中年になったらお腹は、貫禄の証という考え方もあるでしょうが、やはり身体のラインは、スッキリしていた方が断然いいと思います!

結論から言います!

“考え方を変えられたら、誰でも激変いたします“❗️



では、なぜ?中年以降、お腹周りが逞しくなるんでしょうか?! 

このブログ内でも、ご紹介してますように原因は、摂取カロリーと消費カロリーのバランスの乱れです。

体重増加には

消費カロリー(使う)< 摂取カロリー(食べる)の状態を一定期間保った結果なんです😫

あれも美味い、これも美味い・・夢の中でも笑

勿論、美味しいものは誰もが食べたいですし、食欲は誰にでも存在いたします。

でも、その本能をコントロール出来るのは“考え方の変革“です!

これを野球に例え、分かりやすくご説明いたします。

※野球を知らない女性の方にもご説明すると、野球は2つのチームに別れ、ボールを最初に投げるのが投手。打者(打つ方)は、その投げて来たボールを打ち返し、点数を取ることが要求されます。逆に投手は点数を取られないように投げ、最終的には、点が多いチームが勝ちというスポーツです。

この間の日曜日、ロッテの佐々木朗希投手が“完全試合“を達成されました㊗️㊗️

(※完全試合とは、9回まで一人も打たれず、塁にも出さない完璧な試合をいう)

前回、この完全試合を達成されたのは、当時巨人の槙原寛己投手でしたが、これは私も鮮明に記憶に残っています🤗

というのも、管理人が結婚したのが1994年で💦この完全試合が28年ぶりと報道されて(へぇ〜、結婚28年目なんだ・・)と別の意味で黄昏流星群に浸ってしまいました笑

大変、個人的なことですいません🙇‍♀️

話しを元に戻します💦

この佐々木投手や大谷翔平投手らは、時速160km/秒を超える速球(目にも見えない位の速い球💦)を投げ込みます😰

これには2つの要素が存在します。

1、持って生まれた才能がずば抜けている。

一つ目は、それだけの才能に恵まれているからです。体格的(身長、体重)、筋組成(筋の種類)、筋収縮速度(スピードに関係)など、身体の機能が、速いボールを投げられる条件が揃っていることです。

何の分野にしろ、スピードが出せる、遠くに飛ばせる、記憶力が良いというのは、“天賦な才“という部分は多分にあります。

勿論、後天的な努力によって進化することも可能でしょうが、最初からその片鱗は窺えていたのだと推測できます。

2、若さは最大の武器である!

そして、もう一つが“若さ“です。

二人に共通するのは、20代という若さです!

昔、一世を風靡した歴代の速球投手達がいらっしゃいますが、30、40代になると、その当時の球速は出なくなり、次第に現役を退いていかれます😢

しかし、中には晩年に速球は投げられなくなったけれども、多才な変化球や絶妙なコントロールで、その後も勝ち星を挙げられた投手もいらっしゃるのです。

この違いは何なのでしょうか!?

これが“考え方“の差です。

若い頃のままで(俺は若い💪)と考えておられるか、若い頃とは違うのだから、今出来ることをやる! という考え方の転換です。

お腹周りの話しに戻ります。

若い頃の食生活を、中年になっても続けている方と、もう、中年なんだから、今の体力に合わせて見直そうという違いだけです。

中年になっても、このフレーズにテンション上がる方は要注意 笑

先程の野球のように、30代半ばになっても速球に拘れば、身体にも肩にも無理が来て、故障のリスクも高まります。

これは、朝、昼、晩とお腹一杯になるまで食べ、晩酌や飲みにも出ていれば、血液検査や各種検査項目に引っかかることが、出てくるのと一緒です。

しかし、衰えを受け入れている方は腹一杯になるまでを止め、お酒も程よく、今の現状に合った食習慣を取り入れているはずです。

このブログの、気がつけば東大生の親になる①でも紹介していますが、私の場合、身長173cmで、30代75kg、40代72kg、50代68kgと体重をコントロールして参りました。

若い頃は晩飯重視型でした。つまり、晩飯の量は三食の中で一番ボリュームがありました。

今は全く逆です。

朝食が一番ボリュームがあり、夜はたんぱく質、ビタミン、ミネラルを中心に、極少量しか摂取していません。

私が実践したことは、晩飯を年代が進むにつれ、少しずつ減少させてきただけです。

これが一番単純な方法です。食事量を減らすと最初の2週間くらいは空腹感を感じますが、1ヶ月もすると、それに慣れて何も感じなくなります🤗

もし、私も(自分はいつまで若い)と思い込んで行動していたら・・お腹が出てるか? またはどこかを痛めているかも知れませんね・・

つまり、心の中で(俺は若い!)と思うことは、若さを保つ上で必要かも知れませんが、食事やケアは年相応に変革するのが、体型を維持する秘訣だと思っています。

まとめ

1、お腹周りのだぶつきは、摂取エネルギーが過多になっていることを、認めたくなくても自覚する笑

2、若い頃はもう過ぎ去った過去。今の自分を見つめて、労りの気持ちを持ちながら、食生活を見直す。

3、3食の内、自分が出来る食事を見直す。晩を控えるのが理想ではあるが、人によっては朝、昼を控えるのもOK。3食とも2割減という考え方でも問題ありません。但し、たんぱく質、ビタミン、ミネラルは必須量を、糖質、脂質は適量をカットすること。

中年になったら、一度じっくりと自分を見つめ直すことを、是非実践してもらいたいと思います。🙇‍♀️

ご拝読ありがとうございました🙇‍♀️

追伸

前回の宮島弥山編で、道中、この看板が至る所に掲示されていました💦

多分、多くの方は蛇に気をつけなきゃ!と思うのでしょうが、

瞬時に、杉原輝雄プロ、元巨人の柳田真宏選手、毒蝮三太夫氏が頭に浮かんだ私は・・・(^_^;)??




まだまだ朝晩寒い😵

この所、昼間は暖かいと感じますが、朝晩は逆に寒いと思う日が多いですね💦

こんな時は、やはり体温の調整をしっかりと管理しなければいけませんので、小まめに寒いと思ったら、着るものを調整するとか、飲みものを常に温かいものを選ぶとかで対応しています。

基本はやはり身体を温めることが大切で、冷やす、下げるという行為はやらない方が懸命だと思いますね。

その昔、野球の王貞治選手が現役時代、夏でも温かい飲み物を口にしていたということを知り、それ以来それが常に頭にあり、冷たいものをなるべく飲まないようにして生活しているんです!

これから夏を迎えますが、今年はなるべく冷たいものを飲まずに、温かいものを口にすることを体調管理としておすすめいたします🙇‍♀️


半袖にもなれる時期ですね。

気がつけばゴールデンウィークも終了しますね。まあ、大型連休が10日までという方もおられると思いますので、まだ終了とは言えないかも知れませんが、

ぐっと気温が上がり、半袖で普通に過ごせる日和にもなってきました!

今年はラウンドもほとんどしていませんので、太陽が懐かしい(^_^;)ですが、

5月は8月と並び、紫外線量が多いので女性の方々はくれぐれもお気をつけ下さいませ!

まあ、男性も歳をとっていくと日焼けの影響も出てくるのですが、会長みたいに日焼けしてもシミもしわも少ない方もいれば、そうでも無い方もいらっしゃるのは、やはり人により体質だとか皮膚細胞の個人差があるのだと思いますね。

ただ、言えることは紫外線も当たらないとビタミンDなどの生成に影響があるので、ある程度、適度に浴びるのは必要だと思います!

なんでもそうですが、過食、飲み過ぎ等、程度はわきまえる事は大切ですから、過ぎないように日常気をつけることは必要だと思います!