管理人のひと言一覧

仕事は何のためにするんですか?!



Q: この間のことなんですが、ある高校生様からこのような疑問を頂きました。(ご本人様には、直接口頭で私の考えをお伝えしましたが、許可も得て、他にもこのような疑問を持たれている、若い方のご参考になればという思いです)

さて、私ごとで恐縮いたしますが、若い頃の仕事に対する考えは仕事=生活=お金でした💦

いきなりお金って? 思われるかも知れませんが、私が社会人となり、一本立ちして、一人で暮らし始めた時に痛感したことは、

家賃、光熱費、各種支払い等、また食費、娯楽費など様々な支払いが発生し、お金が羽根が生えているかのように飛んでいった実体験がございました😰(全く無駄使いして無いのに、貰う給料が・・)

また、結婚をすると妻との生活、時間が経つと子供達の養育費等、ありとあらゆるお金が必要になります。

ですので、それを支払うためには仕事をして、その対価として報酬を受け取っていたわけです。

それは、今も昔もその辺りは一緒だったのですが、歳を重ねると、その考え方にある変化を感じてきたことがありました。

今、私は顧客様の運動プログラムやそれに伴うご指導、また栄養素(食べ物)に関するアドバイスをして、顧客様の身体の様々なご希望にサポートすることが主な仕事内容です。

これは、この職業を選んだ30年前とあまり変わらないのですが、一つだけ変わってきた感情があるのです。

それが感謝です。

最近、私よりも歳上の顧客様の方々から「いつもありがとうございます」、「いつもご指導いただいているお陰様です」、「いつも親切にしていただいて感謝しています」とか、本当にもったいないようなお言葉を戴く機会があるんです🙇‍♀️

こちらの方が、断然感謝なんですが💦🙇‍♀️

ありがとうございます😭

人は歳を重ねると、自分の衰えとか若い時にはなんてこと無いことが、結構難しくなっていることに気づき始めます・・

(私だって、本当に昔とは違う・・ということをつくづく感じます😰)

そう実感するようになると、そんな自分を助けてくれる、支えてくれる行為や言葉を掛けられると、本当に心から感謝する気持ちになってきたんです🙇‍♀️



話を高校生のご質問に戻しますと、(仕事は何のためにするのか?)という問いに私は、

「私も昔はとにかく仕事をして、生活するためにお金をもらっていたけれど、今の考えは違って、“仕事は他の方に感謝されることをしてあげて、その方が感謝して頂いたお陰様にて報酬を戴き、生活をさせて頂いている感覚“になったんよね」と・・

これを言い換えると、若い頃に一番気にするお金は、他の方々に感謝されることをしっかりとすれば、後は付いてくるということだと感じてます。

若い頃には全く無かった考えです。

数ヶ月前、若いプロゴルファーの方に「プロってプレーを見せることが、一番大切ですよね?」って質問されたことがあった時、

「ゴルフが強くなって、そのプレーを見せるだけではなく、見に来てくださったギャラリー様が参考になるプレーや、また、時間が許す限り気持ち良くサインをしてあげるとか、

スポンサー様などに対し、プロアマ戦等でも、只回るだけでは無く、それぞれの参加者様に来て良かった、というような感謝されるようなアドバイスとかをすることが、大切なんじゃないかな」と答えたこともありました。

つまり、感謝されることを第一に考え、自分は何で他の方に感謝されることが出来るのかを見つけるのかが、仕事選びだと感じてます。

それが人のお世話をし、感謝される職業もありますし、人のご相談に乗ったり、解決のアドバイスをする職業もありますし、このゴールデンウィークでも多くの方々の移動を目的地まで、安全に送り届ける職業もあると思います。

利用された方は、感謝されるわけですから、すべての仕事はそのために行なっていると言っても過言では無いと思います。

まだ、高校生です。進学することも、職業訓練することも、社会に出ることも出来ますが、人に感謝されることを頭に入れ、頑張ってもらいたいものですね❗️

ご拝読ありがとうございました🙇‍♀️




その道のプロになるには!?



 本日、会長(金澤利翼)のTBS系全国放送のTHETIME(MC安住紳一郎アナ)の生放送が広トレにて行われました🤗

2月9日肉の日に合わせて、松阪牛を三重の放送局様がご紹介した後に、広島を代表する肉?肉は肉でも“筋肉”ということで会長に白羽の矢が立ったというわけなんです!

その地元RCCのレポーターとして、花よりガッツでお馴染みの田村友里アナがやって来たわけなんですが、実はお父様は今から20年も前からアマ選手権にて戦ってきた間柄で、シニアプロゴルファーに転向後、アメリカで全米選手権に出場された折、私はキャディをし、ご家族様と共に一緒に渡米した経緯等もあるんです!

また、お爺様、奥様、弟様、また友里様も全員にトレーニング指導したこともある家族ぐるみのお付き合いなんです。

そんな中、彼女は学生の頃からアナウンサー志望で、夢を叶えた彼女の仕事ぶりを見させて頂きましたが、いやぁ、すっかりプロになられてましたね🙇‍♀️

勿論、前もっての台本の流れとかコメントは大体は決まっているものの、リハーサルの時に「ここはこうしよう」とかコメントの変更などがバンバン入り、それを急遽瞬時にかえたりとか、画面で見ると全く分かりませんが、アナウンサーって大変な苦労と重圧が掛かる仕事だということがはっきりと理解できました(^_^;)

今行われている北京五輪でも、ハーフパイプ競技でアナウンサーが(ダブルコーク4040?とかマックツイスト4040?)を瞬時に技を見分けて放送しているのを聞いて、他のスポーツ中継もある中、その競技を研究して語れるようになるためには、それ以前に相当な準備をしているのがはっきりと理解できました🙇‍♀️

やはり、その道のプロになるためには経験と場数と慣れと恐ろしいほどの準備が必須なんだと心から感じましたね💦

ですから、急なアドリブも生放送でも入れつつ、会長が台本通りにならない中笑、まとめることが出来るプロのアナウンサーになったんだと、こちらも我が子のような感覚でとても嬉しく感じましたね🤗

放送終了後にご近所の方々が田村アナに会いに、広トレの前に集まってきた中でもきっちりとお話しをしている姿を見ると、そのご家族様には良い思い出になったと思いますし、益々ファンになるのではないでしょうかね🤗

夢を叶え、その道で少しづつでもプロになっていく姿は、本当に感動しましたし、とても嬉しかったです!

益々、ガッツ満載でのご活躍を祈念したいと思います!スタッフの皆様、友里アナ本当にお疲れ様でした🙇‍♀️

来月よりブログリニューアルつき、新たに皆様方からのご質問、ご疑問、お悩み等にもお答えするジャンルも設ける予定ですので、広トレホームページお問い合わせフォームよりお送りくださいませ🤗


再度、勝利するためにやるべきこととは!



明日は今年の初ラウンドです(^O^)

昨年の10月に最終戦が終わり、昨季は出場4戦2勝(広島県、中国)と悔しい試合もあったのですが勝ちに恵まれ、さらに今年の試合では標準を合わせた試合で勝てるように、昨季より自分なりにレベルアップを目指すべく取り組んで来たことを試す機会でもあります!

やはりこの歳になると笑、体の柔軟性などに多少の影響が出てくるので、テークバックを少し本来よりフラットに上げ、一番の改善点はアーリーコック(早めにリストを使う)ぎみに取ることにより、体の捻転がスムーズに回るようになったことですね。

これはシニア世代の方々には、是非取り入れて貰いたいポイントです!

これの利点はヘッドに引っ張られるように、左肩が顎近辺まで入りますし、早くコッキング(リスト)することにより、プレーンに乗せやすくなるからです。

プレーンはスクェアに構えたアドレスの位置にダウンスイングにてクラブがなぞるように下りてくることにより、再現性が高まることにもなります。

スイング中、意識出来るのはテークバック始動までで、後は怯まないで振るだけですからリズムやタイミングの確認をしつつ、今現在どれくらいの感覚でスイング出来るかを実戦ラウンドしながら試していきたいですね。

勿論、スコアは一切気にしません笑

スコアを気にするのは、あくまでも決勝の試合の終盤のみで、血液型B型の方を参考にしてから、普段のラウンドや試合の序盤では全く気にならなくなりました笑

これも顧客様のB型の方々から、考え方や行動を逐一学んだお陰だと思っております🙇‍♀️

やはり、色々な方法論とか練習法もございますが、分かっていると思わずに今一度基本に立ち返ることが、最終的にはレベルアップの近道であることは間違いありません!

基本に始まり基本に終わる。

先人の方たちが残した御言葉は今でも受け継がれるものだと感じています🙇‍♀️


愛する子供様のために!

6波の波は今現在も高まりつつありますが、この状況下で業務とか仕事などに影響が出ている方もいらっしゃると思います。

特に子供様に一番お金が掛かる年代の子供様(教育費等)を持たれる親御様にはそれこそ大変な時が訪れていると感じます・・

この間、ネットニュースに載っていましたが、例えば国立の大学に進学した場合には、入学金、4年間の学費で約240万円。

それに県外の大学の場合、月々の家賃、仕送り等で月10〜20万円。仮に20万として年間240万円、4年で960万円となり、先程の学費と合わせると約1200万円掛かることになります。

これが私学の場合ですと、学費等が約500万円近くになりますから、月に20万円と合わせて約1500万円近くになるわけです。

実際に親御様が払う場合、その時はどうしても必要なわけですから、親は仕事に邁進し、工面をし、4年間払い続けるわけですが、無事に卒業して落ち着いた所で振り返ってみると(凄い金額だった)つくづく思います💦

顧客様とのお話の中で、シングルマザーにて子供様を立派に育てられた実話をお聞きましたが、本当にお金が無くて毎日◯◯たいと思っていたけど、それは子供を見捨てることになるので絶対に出来ないと分かっていても、そんな思いの日々を送りながら気がつくと子供様も社会人となり、この間結婚されて安堵されているように、この状況下で辛い思いをされている方々に、(その時は本当に辛かったけれど歯を食いしばった)親として頑張って頂きたいという想いをおっしゃられていました・・

やはり、どんな逆境下に置かれても子供を社会人になるまで育てるという強い想いは、忘れないで貰いたいと言うことです。

今、同じ想いをされている方がおられましたら、自分だけでは無いんだ。ということでも少し分かってもらえたなら、明日からまた気持ちを入れてお仕事に邁進できれば幸いだと思います。


今年は読書を^_^

2022年も早くも一週間が過ぎ去りました(^_^;)

こんな調子で一年もあっという間かも知れませんが、今年は帰宅した後やお風呂の最中に読書を楽しもうと思っております!

スマホでこのブログ等を書いていましても、検索すれば簡単に文字が出てくる時代ですから、このままでは頭の中の記憶が無くなる可能性もあるかも知れませんから笑、積極的に書籍を読み文字、文章が浮かぶようにしたいですね💦

ということで、本日は早速3冊を購入してゆっくりと読みたいと思っております。

寒い時期になりますから、湯船に浸かりながらの読書はもってこいですが、ついつい長風呂になり過ぎて、体が真っ赤にならないように気をつけたいと思っております笑


耐えて勝つ。

地元広島東洋カープの名将であった古葉竹識氏がお亡くなりになりました。

カープの監督というと真っ先に名前が浮かぶ方でしたから、広島県民にとっては心に刻まれた監督でしたね。

実は古葉氏の次男さんとは友人で、同学年で大学卒業後も関東でゴルフでしていたこともあり、この訃報を聞いた時には何か一つの時代が終わってしまったという、すごく悲しい気持ちになってしまいました。

古葉氏の座右の銘である“耐えて勝つ”というお言葉は、普段の会話の中でも出てくることもありますから、心の中に常にある言葉なんですよね。

ゴルフゲームも一言で言えばピンチを耐え忍んで、チャンスをものにし、最後に勝つのが優勝をする秘訣ですからね。

試合になれば、必ず思い出す名言を残された古葉監督は本当に偉大な方だとつくづく感じます。

心よりご冥福をお祈りいたします。



人は人、自分は自分!

隔離期間に他の方と接する場所で、なおかつ飲み会と思われる行動をしたとして、ゴルフ界のスター選手が役職の辞任やら、試合の欠場等を表明した。

無論、決まりは決まりですから、これは仕方ないとは思うのですが、全く関係の無い方々が今回の件とは関係の無いコメントを寄せる方もいます?

例えば、同級生のメジャー王者との置かれている立場の比較とか、差がついたとか全くもってそんなことは関係はありませんよね?

プロ野球界でも、ハンカチ王子とメジャーリーグで活躍したT選手を対比する記事も目にしたことがありますが、これも同い年というだけで比べることがおかしいと思います。

ライバルって何の世界でも刺激にはなりますし、モチベーションアップにもある意味繋がりますが、要は自分の人生なんですから、自分が納得するまでやればいいし、他の方と比べる必要は無いと思います。

人は人、自分は自分。

あの人と比べてどう?だとか、良い悪いなんてどうでもよくて、自分が信念を持って取り組んでいることが、結果が出ようが出まいが自分が納得すればいいと思うんです。

但し、もし自分自身が悩んでいたり、なんで結果が出ないのかと思ったなら、他人にアドバイスを求めてみたり、聴いたりすることは良いと思います。

自分がやるだけやって、納得いくまでやることが出来ることが、幸せ、幸運であって、その結果は自分で受け止める。

そして迷った時は素直にアドバイスを受け入れる姿勢は必要ですが、誰かれとかあの方はとか他人と比べることは全く必要ないと思いますね


惜しいと思うか、全然足らんと思うか!?

例えば一打足らず、優勝を逃すとか出場権を逃す、はたまたライセンスを逃したとする。

回りは惜しいと言う方もいるだろうが、本人がどう思っているかでその後が決まるとも思います。

もし、本人が惜しいと思っていたら残念ながらその先は無いかも知れません・・

つまり、逃すということは競り合ってダメだったと言えると思うんですが、競り合うどころか、影をも踏まさない位の力があれば全くそんな思いをすることもないのではないでしょうか!

私も今年は勝った試合もあれば、負けた試合もあります。無論、一打で逃した試合もありました。

でも、惜しいとはかけらも思っていません!

影も踏まさない力をつけて、再度試合に挑むつもりです!

惜しいと思えば(普通にやれば次は大丈夫)(たまたま運が無かった)と思ってしまうかも知れません。この思考だともっと努力に目が向くことは無いかも知れません。

次があるのはダントツに力付け、勝って当然といえるほどレベルを上げるまで練習に益々励むことだと思います!

惜しいという言葉は、レベルアップの敵ですから、他の方が使えばいい話であって、要はぶっちぎりに自分の力が抜ければいいだけだと思っています(^O^)


振る舞いに学ぶ。

先月行われた2021プロ野球ドラフト会議。

その特番番組を録画していたのを昨日やっと見ることが出来ました(^O^)

プロを目指す若者の様々なご家族の人生模様がある中、指名され夢が叶った選手もいれば、指名されず夢が叶わなかった選手の中に(2年後に指名されて欲しい!頑張って欲しい!)と思わず感じてしまった選手がいたんです!

その選手は大学4年生で、ご両親が3歳の頃に離婚され、母親の記憶はほぼ無いらしいのですが、トラックの運転手をしながら男手一つで育てられ、多忙で息子様の野球の観戦も高校最後の試合だけという中で頑張って来られ、そのお父様への願いを叶える日だったのですが、

残念ながら今回はプロの扉を開けなかったのですが、すべての球団の指名が終わった直後のインタビューでの態度、発した言葉は私の心の中に先程の思いをさせる男らしい清々しい対応だったんです。

もしこの選手は最悪プロ野球選手になれなくても、こんな言葉、振る舞いが出来るなら、誰かは絶対に助けてくれるだろうし、企業も欲しがるとも思うんです。

勿論、ドラフトに指名されない選手は負けた訳ではありませんが、もし試合に負けた時にこんな言葉や態度が出来るような男になりたいと思いました🙇‍♀️

悔しい思い、情けない思いをすることって試合に出ていたら誰でも経験します。勿論、仕事の中でもあると思います。

その時にこんな対応が22歳で出来ることは素晴らしいと思います!

この悔しさをバネに、2年後(社会人野球、独立リーグ)のドラフト会議では是非、夢の扉が開かれ、お父様を喜ばせて貰いたいと思っております!

やるしかありませんね!!!