トラベル一覧

広島県にある“日本で二番“の温井(ぬくい)ダムをご紹介いたします!



広トレブログ(トラベル)(※4月11日アップ済)にて、同じ広島県にある宮島弥山をご紹介いたしましたが、今回は、広島県安芸太田町にある“日本で二番のダム“である温井ダムをご紹介してみたいと思います。

アーチ式ダム 温井(ぬくい)ダム

さて、この温井ダムが“日本の何の二番“かと申しますと、高さが日本のアーチ式コンクリートダムとして二番目の156mを誇っているわけなんです🫢

では、日本の一番はいったいどこなんでしょう?

それは186mの高さで、アーチ式ダムではダントツの一位である、あの有名な“黒四ダム“(黒部ダム)なんです!

この温井ダムを最初に見た時に、すぐに(見たことある😲)って思ったように、アーチ式というのはダムが弓形になっていて、黒四ダムも同じ形状なんですよね。

弓のような形状 アーチ式

黒四ダム(黒部ダム)は富山県に位置し、冬は積雪3m以上、気温は−20℃に達する自然険しい立地でしたから、工事は難航を極め

それは昔、NHK様のドキュメンタリー人気番組“プロジェクトX〜挑戦者たち〜“にも、取り上げられたほどだったんです💦

(この番組は、本当に感動する内容満載で、様々な不可能と言われた難関に、挑戦する方々にスポットを当てた名作でした😢)

私的には、ツッパリ生徒と泣き虫先生・伏見工業ラグビー部・日本一への挑戦!はマジに泣けた😢)

(京都一のワルと言われた生徒が、ラグビーを通じて人生を変え、選んだ将来の職業は・・😢一見する価値ありますよ)

※中島みゆき様のエンディングテーマ、ヘッドライト・テールライトの歌声も、いつも内容にマッチして、涙が出て本当に良かった・・

実はこの黒四ダム、高校の修学旅行が黒四ダムと東京都内見学だったため、実際に訪れたことがあるので(直感的に似てるな😵)と感じたわけなんです。

実家に行けば、その黒四ダムで撮ったクラスの集合写真があると思うのですが、伏工も凄かったですが、こんな感じの(朱)沢山いましたね笑

注: 管理人にはな個性があるので、朱に交わっても絶対に赤くならなかった 笑

まあ、話しを戻しますと、

この温井ダムの端から端までの全長は362mと、かなりの壮大感を感じます!

また、温井ダムの湖の名は

龍姫湖“(りゅうきこ)と呼び、日本のダム100選にも選ばれています。

美しい 龍姫湖

実はこの地には、悲しいお話が伝えられており、この龍姫の名前の由来は以下の通りなんです・・

昔、とても美しい娘が温井の地で働いていました。優しく、働き者の娘をその家の主人はとても気に入っていました。

只、一つだけ気になることは、夜になると出かけて行き、草履を濡らして帰ってくることです。

ある夜、我慢しきれなかった主人が後をつけた所、娘は江の渕で水浴びをしようとしていた時に、主人が足を滑らせてしまいました・・

姿を見られた娘は、寂しそうに江の渕に飛び込みました。慌てて駆け寄った主人の目に写ったものは、銀色の鱗を輝かせながら渕の底に消えていく、一匹の大蛇でした・・

という涙の言い伝えがあるみたいです・・

まさに、鶴の恩返しを連想するような物語ですね😢(よいこのみなさんは、みてはいけないものは、みないようにしましょうね)

その龍姫さまのイメージキャラクターがこちら!

龍姫さまです!



ところで、温井ダムをこのタイミングでご紹介するのには訳があるんです!

というのも、梅雨時期に先駆け、湖の水を一般観覧放流することが3年ぶりに再開され、

来週の6月3日(金)、4日(土)、5日(日)が、今年最後の放流日なんですよ💦

先日、私も初めて見て来ましたけど、大迫力の放水でびっくりしました😵😵

ニ箇所からの大放流💦💦

これを拡大しますと、こんな感じで運がいいと綺麗な虹🌈が、くっきり浮かび上がりました🤗

幸運にも、虹🌈が掛かっています🤗

是非、お時間がある方は6月3、4、5日にて、温井ダムでの放流鑑賞をお薦めいたします。

時間は10時、11時30分、13時30分、15時からの4回で、放水時間はそれぞれ20分前後となります!

また、この温井ダム近辺には、子供様が喜ぶ遊具等の施設もありますし、キャンプ施設、飲食店もありますので、ご家族でも楽しめますよ🤗

また、今年の9月18日(日)には、この温井ダム近辺を舞台に、3年ぶりにしわい(※広島弁ではしわいという言葉は厳しいしんどいきついという意味です)大会と言われる“しわいマラソン大会“が開催されます。ご興味のある方は挑戦してみてくださいませ💪

広島県には、沢山の観光地がありますので是非一度足をお運びくださいます様、よろしくお願いいたします🙇‍♀️

ご拝読ありがとうございました🙇‍♀️


日本三景“宮島弥山“をご紹介いたします!



広島県人の私でも、子供の頃から何十回?(数えきれません💦)訪れた分からない神の島 “宮島“(厳島)⛩

今回は、コロナ禍で多大な影響を受けられた、観光業界様の少しでも、お力になれればという思いにて、微力ながら観光地“宮島“を全国の皆様ご紹介していきたいと思います。

そこで今回は、宮島で一番標高の高い山“弥山(みせん)“⛰登山をレポートしてみたいと思います。

瀬戸内海に浮かぶ島、これが宮島の全景です🤗

広島駅からJRで27分、市内電車で70分、レンタカーで行かれるなら、道路事情にもよりますが、宮島口まで40〜50分程度ではないでしょうか?

お車の場合、宮島口桟橋近辺の駐車場は、休日相場で一日1.500円、少し離れたら1.000円なんですが、私的には、あなごめし“うえの“様にて、いつもお弁当を購入する関係上、

その通り道になる、JRの線路を渡った所に駐車すれば、料金が500円、800円の所がありますから断然お得になり、その浮いた分でお土産買えます🤗

創業明治34年 あなごめし“うえの“

(宮島口桟橋から徒歩2分、JR西日本宮島口駅、広電宮島口駅からも徒歩1分の所に所在いたします)

値段は一つ2.160円と安くはないですが、登山の疲れを癒すのと、よく頑張って登ったというご褒美の意味合いもあります笑“(※このお弁当の詳細は頂上にて)



そこから、宮島口桟橋まで2分歩くと

宮島口桟橋

ここではJR西日本宮島フェリー様と宮島松大汽船様のどちらかを選び、約10分程度で宮島上陸になります🤗

料金はどちらも往復大人360円、小人180円ですが、JR様の利点は大鳥居の正面に船が回ってくれるサービスあり、撮影には最適です。(但し、現在大鳥居修繕中ですから、幕が張られています💦)

松大様はワンコイン(500円)にて、宮島上陸時に紅葉堂様(揚げもみじ1つと交換)、鳥居屋様(もみじクロワッサン一つと交換)、やまだ屋様(200円分の買物商品券)とお得なチケットを販売されています。

左が松大汽船様、右がJR西日本フェリー様。

これは、その時にピビって来た方をお選びになったらいかがでしょうか笑

船上からの見晴らしは、海に山、中々情緒があり、皆様方にも是非現地で見て貰いたいです🤗

素晴らしい絶景ですね🤗
いきなり船酔いに襲われる管理人・・

さて、10分で神の島“宮島“に到着しました。

鹿の親子がいきなりお出迎えです笑

ここから登山口までは、徒歩15分掛かりますが、その際には、お土産店が立ち並ぶ宮島商店街を通るルートか、海沿いのルートがあるのですが、私はいつも帰りに、商店街に寄りますので、行きは海沿いを通ることにします。

これを真っ直ぐいけば海沿い、左は商店街へ。
海沿いの道を進んで行きます。

その途中には、今修繕中の大鳥居を右手に見つつ(今は幕に覆われています)

完成するのが楽しみですね🤗
画像は修繕前の模様です。

さて、いよいよ登山の始まりです。

ここが紅葉谷公園の入口付近です。

本日の行きは“紅葉谷コース“を選択します。

紅葉谷コースは、紅葉谷公園の中を抜けて行くルートで、春は桜🌸、秋は🍁と雄大な美しい景色が堪能出来ます🤗

(※弥山登山には紅葉谷、大聖院、大元の3つのコースが存在します)

この紅葉谷ルートは一番距離的に短いので、初心者様にはお薦めですが、短い分、傾斜は一番急だと思いますので、ゆっくりと登って参りたいと思います😰

弥山までの所要時間は若い方で約一時間。ご年配の方ならゆっくり休み休みで、一時間半くらいみた方がいいと思います🤗

紅葉谷公園を抜けると、この運命の分れ道?笑にやってきます😢

ここを直進するとロープウェイ乗り場で、弥山近くまで連れて行ってくれる“天国コース“笑と右に行くと自力で登る“修行コース“笑の始まりです!

原生林の中をひたすら歩きます。途中、うぐいすの鳴き声や他の鳥類の鳴き声で、心が癒されるますが、心臓はバクバクです😰
人生の修行と祈願登山(一年間ありがとうございました🙇‍♀️)という感謝の気持ちを込め、はや7年連続7回目の出場となります。
(甲子園の出場校じゃあねえって)


坂道、階段が延々と続きます😢😢

山登りに慣れている方にとっては、どうってことない標高(535m)なのでしょうが、

なにせゴルフボールを追わないと歩けない人生を送ってきた者にとっては、結構厳しい道のりなんです😫

道中、苦しむ管理人・・

途中にある、この看板が

(後少し、後少しと力を貰います🙏)

そんな苦しい中、歩みを進めていくと前が急に明るくなるんです😳

ひょっとすると頂上❗️🤗🤗

ここで一旦、テンション上がるんですが、実はここは頂上では無く😢

この看板の所を左に行くと、さっきのロープウェイの終点駅で、ロープウェイに乗ってきてもここからは弥山頂上までは歩くしかないんです。

そのキツい坂道をまた登っていくと、やっと着いた😌と思うところが・・

霊火堂/消えずの火

ここは、1200年以上経った今も燃え続ける奇跡の火と言われる堂で、恋人の聖地とも呼ばれているんです。

多分ですが、燃える火(気持ち)が消えないということだと思います🔥

しかし😰 まだ頂上ではないんですよ・・

ここにある看板見ると、弥山頂上まで残り300mと表示されています🤗🤗

三鬼堂 日本でも珍しい鬼の神を祀るお堂。

三鬼堂を右手に見、石段、坂道を登っていくと岩場が続々と出て参りました。

くぐり岩 大自然が作り出した巨石のアーチ

この巨大な岩をくぐり、最後の岩場を登っていくと

んっ、何か見える🤗
ついに弥山頂上の展望台が❗️🤗🤗
こんな気持ちでした❗️笑
弥山頂上は岩場と360度パノラマの景色が🤗
遠くに廿日市、五日市方面
左奥は 広島市方面
四国方面

そして、これが私が名付けたお菓子の形をしたとっておきの島です!

明治アポロチョコの島 形が似ているでしょう笑 小さい子供様はきっと喜びますよ🤗

というように、素晴らしい絶景が広がっています😌

さて、いよいよこの展望台にて昼食です!

パッケージからレトロ感満載🤗
これが頑張ったご褒美の穴子飯です😋

お味が絶品なのは間違いありません❗️

勿論、パノラマの風景を見ながらの食事ですから、一層より美味しく感じますので、是非皆様もご堪能してみてくださいね🤗

腹ごしらえも終わり、これから下山です。

帰りのコースは大聖院(だいしょういん)コースを選びたいと思います!

この大聖院コースは紅葉谷に比べ、なだらかに一見見えるんですが、終わったら脚にめちゃくちゃダメージきます😢

翌日、筋肉痛の図

少し歩くと仁王門に。

仁王様は、お身体めちゃくちゃ切れてます💦

さらに進んでいくと

平成17年9月6日に広島に甚大な被害をもたらした台風14号の爪痕が💦

土石流の跡
山肌が崩れ落ちています・・😢

その修復してある脇道をひたすら下ると、少しづつ下界が見えてくるのですが、ここからも結構長いんですよね💦

まだまだ先が・・

そうしていますと、左下手に大聖院らしきものが🤗

これが見えるといつもホッとする笑
ついに大聖院に!
このお身体もバキバキですね💦 やはり、神に近づくには身体づくりかも知れませんね。

大聖院の中庭です。

そして、これがあの

ガッキーこと、新垣結衣さんが宮島を訪れたとき、写真に収まった宮島を代表するフォトポイントです🤗

大聖院を参拝し、下りて来たら

宮島にもこんな所もあるんですよ❗️

左 千畳閣  右  五重塔 です!

そして宮島桟橋に戻る道の途中には、先程の商店街が!

宮島にもスターバックスが😰 若い方は是非🤗

宮島商店街

いつも立ち寄る土産物屋様🤗

という感じで、一日宮島を満喫させていただきました🙇‍♀️

広島県を代表する観光地“宮島“

まだまだ沢山の素晴らしい所があり、本日はほんの一部でしたが、ご紹介差し上げました。

我々の業界も、大変影響はごさいましたが、観光業界様はもっと大変だと思われます・・

是非、このブログを見られて宮島に訪れるきっかけになっていただければ、幸いでございます。

感染対策をしっかりとされ、この素晴らしい島に訪れてみてくださいませ。

本日は誠にご拝読ありがとうございました🙇‍♀️

再び、船酔いに襲われる管理人 

注: 客船の海上は常に穏やかであり、これはフィクションであると思ってくださいませ🙇‍♀️笑