スクラッチプレーヤー論(ゴルフ・簡単に出来る飛んで曲がらないコツ2選!)



 ゴルフで、ボールが飛んで曲がらないようになることは、誰もが願うことですよね笑

勿論、スイングのメカニック的なことやメンタル的なことも、その一因にあると思いますが、今回はそんなことでは無く、誰でも簡単に取り入れられるコツをご紹介したいと思います。

では、なぜ?ボールは曲がるのでしょうか?

多分、これは誰もが、一度は考えることだとは思うのですが、結論から言ってしまえば

曲がるのが普通“だと思います笑

自然を相手にするのですから、風が吹けばボールは流されますし、スイングもリズムもタイミングも人間は機械では無いので、毎ショット同じ動きなんて絶対に不可能です。💦

これを頭にいれて、それでも飛ばしたい!真っ直ぐいかせたい!と思われている方に、私も実践している二つのコツをお伝えしたいと思います。



ここで例えば、飛ぶ、曲がることの基本理論である、スイング軌道とインパクト時のフェースの向き、空気抵抗で揚力をとか、ヘッドの重心位置とかを説明しても💦💦??

余程、ゴルフが熱心な方でもウンチクは苦手という方や、ましてやゴルフをやってない方は読むのを止めるのではないでしょうか笑

ですので、広トレプブログのモットーである分かりやすく!では難しい理論を省き、誰もが簡単に取り入れられることをご紹介します。

まず、ゴルフボールが飛んでいくには、ディンプルと言って、沢山の凹凸があります。

この凹凸がディンプル!

単純に言いますと、野球のボール、ゴルフのボールでもインパクト(道具と当たる瞬間)では、一瞬ボールは潰れ、その後その反発により飛んでいく時に、ボールに回転が掛かるようになっているのです。

このボールの回転数と、空気抵抗との兼ね合いで飛距離(飛んだ距離)が決まる一因になるのですが、

私の経験上、若い頃は普通に振っていれば、簡単にヘッドスピードが出せた為、幾らでも飛距離を出すことが出来ましたが🤗

残念ながら、加齢するとスピードが落ちるために、逆にパワーでは無く、工夫で飛距離を稼ぐことが必要となるのです。

その一つが、ボールを潰さない(強くヒットしない)ことです!

ボールが強く潰れることは、言い換えるとスピン量(回転数)が多くなり、空気抵抗を受けてしまい、一見高く舞い上がりますが、逆に意外と距離のロスに繋がります😰😰

そこで、



飛んで曲がらない秘策その一。

ボールに叩けない工夫をすることです。

マイボール 広トレちゃんプリント入り

叩けなくなるような工夫とは、私の場合プリントを印刷することです!

このプリント名は“広トレちゃん“

昔、娘をモデルにしたイラストです!

これをアドレス(構え)で目線の正面に向けると、本能的に優しい気持ちになりますし、無論叩くわけにはいきません笑

逆に、嫌いな方又は、苦手な方をプリントすれば、ハードヒットすることは間違いありませんね笑

この工夫で、めちゃくちゃ叩くことが減り、無駄なスピンが掛からなくなるので、飛距離と方向性に好影響を与えるんです🤗

★飛んで曲がらない秘策そのニ。

ある有名アスリート様のお名前を呟きながら振る!

ワールドカップ・スキージャンプ競技にて、歴代最多の63勝を挙げている“レジェンド“、女性アスリート様のお名前をつぶやきながら振るんです。

そう! ◯◯なし さら さんの名前を呟きながら振ることです!

これは、結構効き目あります❗️

たか◯◯〜 で、テークバック、トップ。

(テークバックとは構えてから、クラブを上げていく途中の過程のこと。トップとはクラブを一番上に上げた状態の一瞬の間のこと)

ここからが大切です。

ダウンスイング(トップからボールに当たるまでのクラブ軌道)から、特にインパクト付近で

さらっ)と呟いて振ってください笑

これを呟くと、インパクトがソフトに、なおかつ力感無く、振り抜けるようになるのです!

逆にガツン、バシッ、ドカンって呟くと本当に力感を感じますが、“さらっ“って感じだと、ハードヒットするイメージありませんよね❗️

この工夫一つで、無駄なスピンを減らし、効率よくボールの飛距離を出すことが可能になる条件が揃うのです。

これなら、誰でも今すぐにでも出来ます!



まとめ

★飛んで曲がらないコツその一

心が和らぐプリントなどを印刷し、強く叩けない状況を作ること!

★飛んで曲がらないコツそのニ

レジェンドアスリートのお名前を呟くことで、インパクトを柔らかく振り抜けるような感覚を作ること!

ほんの少しの工夫ですけど、私はこれで昨年、広島県と中国の両タイトルを獲れた一因ですので、是非一度、お試ししてみてくださいませ🙇‍♀️

ご拝読ありがとうございました🙇‍♀️